六本木ぶっかけ・顔射風俗でスッキリ

・妄想を膨らましながら六本木でスッキリしてみる

個人的な意見ですが、六本木の風俗店などで展開されている痴漢プレイにおいて挿入はNGだと思っています。ぶっかけがギリですね。確かにAVやエロ漫画の痴漢物は数多くあり、挿入せず終わるなんてことはありません。むしろ最初嫌がっていても即行快楽堕ちでアヘアへルート直行です。 ですが冷静に考えてみましょう。 実際の痴漢は体に触る、触らせるといったものです。下着の中にダイレクトアタック!相手プレイヤーは濡れ濡れ状態になる!さらに私は股間の愚息を召還!貫け!男(サムライ)根(ブレード)ォォォォォ!!って、ねぇから。そんなエロ漫画みたいな展開。

あれは創作の世界だからこそ輝くものであって、本当にやろうとすると後悔することになります。AVの知識だけでSEXは語れませんからね。私が重視するのはリアリティです。リアルではやってはいけないからこそリアリティが大切なのです。エロ漫画で済むならわざわざ風俗行かなくていいじゃん。六本木は風俗店が数あれど、ソープが少ないんですよね。基本デリヘル。デリヘルだと本番NGも多いので(というかやめといた方が色々な面で得策です)私的には願ったり叶ったり。普通にしたくなる時もありますけど。ただAVなどをみてムラムラしてきてしまったら、我慢せずに六本木の風俗でぶっかけや顔射をしてスッキリするのが良いでしょう。

・六本木風俗で女の子と遊んだときに起きた問題

私は数ヶ月に1回、どうしてもセックスをしたくなるときがある。そんなときは店の誰にもばれないように、そっと私には何の関係もないデリヘル店でお願いしたりする。そんなときに使うのは店数も多く女の子の質も高いという六本木の風俗店。自分的にはセックスしたいし、他の店の調査を兼ねている。そう、頼むとすれば新規参入店が多いのだ。そこでその店は続きそうかそうでないか判断したりする。 というわけである日、デリヘルを頼んでワクワクしながら待っていた。

そして普通に可愛いアラサー女性がやってきた。まぁ、体型もそこそこだし、性格も明るく風俗向きの女の子だった。そして、シャワーからプレイ。ここで問題が起こる。私は本番がどうしてもしたくなり、軽く交渉してみた。すると何故か女の子は激怒し、お店の人を呼ぶと言い出した。お店のシステムのところに書いてありますよね!と何度も連呼された。知っている。なぜなら私もそれを書いているからだ。ただ、この交渉は風俗街六本木においては暗黙の了解じゃないのか。嫌なら断ってくれればいいじゃないかと思った。そんなこんなでひたすら謝っていると、みるみるチンコが萎えた私。可哀想に思ったのか、その子は結局フェラで抜いてくれた。 優しい子だと思った。その六本木風俗嬢にぶっかけ・顔射をした。

関連記事

新宿ぶっかけ・顔射風俗としてのソープ

シーツとぶっかけ・顔射風俗

新宿風俗でぶっかけ・顔射にはまる男

風俗のぶっかけや顔射とエロ動画

鶯谷ぶっかけ・顔射風俗とオナニー

錦糸町ぶっかけ・顔射風俗と追い詰められた男