写メ日記で避けた方がよい風俗嬢

風俗店で指名する女の子を決めるのに有効なコンテンツとして、写メ日記・ブログといったものが活用されている。女の子のプライベートが覗けるというものではあるが、加工されていない女の子の真の姿・プロフィールからは分からない性格などが分かるため、これらのコンテンツを有効活用しているという風俗ユーザーは少なくない。ここでは写メ日記やブログの内容から注意した方が良い女の子について書いていく。

○更新頻度が少ない

写メ日記やブログは現在、この内容から判断して女の子を決める人が増えてきているため、自分の人気を上げるためにも女の子にとって重要なコンテンツだ。そのことを理解している女の子はこまめに良い内容の投稿を行い、お客を増やしている。しかし週に1回・月に1回など更新頻度が少ない女の子もいる。写メ日記やブログを指名する女の子を選ぶ参考として見ている人は、できるだけこのようなタイプの女の子は避けた方が良い。なぜならプロ意識が低い・仕事への情熱がない・自己管理ができないといった部分が垣間見えてしまうから。これらのコンテンツはおそらく強制されて行っているものではないが、人気を獲得するために行うべきかどうかは多くの人は判断できる。また毎日・2~3日に一回といったタイミングでの更新ができないということで、ぐうたらな人間性が見えてしまう。つまり接客態度が悪い・体型が残念といった姿が想像できてしまうのだ。

○自分を写した写真がない

写メ日記やブログを見る読者が気にするのは、そこに写っている女の子の写真だ。それを見て女の子の真の姿を想像し、指名するかどうかを判断している。しかし女の子の中には趣味や日常の出来事に関連した写真を使い、自分が写っている写真を全く使わないという女の子もいる。そうなると「見せることができないほど残念な容姿」だと判断できるため、このような人も指名しない方が良いかもしれない。ただばれるのが嫌で載せていない・より文章内容にあった写真を載せたいという人もおり、自分の写真を載せていないイコール残念な容姿だと言い切れない部分もある。

○内容が過激すぎる

このようなコンテンツは女の子の真の姿が分かるとともに、自分というキャラクターを演出するためのものでもある。これを利用することでお客が増える可能性が高いため、過剰に演出した姿をアップしている人もいる。その一例が「淫乱な自分」を演出している人。裸やそれに近い格好・いやらしく誘うポーズといった過激な写真をアップし、内容も「すぐにエッチしたい」「身体が火照っている」など過激なもの。それを見た人は「淫乱でエッチが好き」な女の子だと考えて指名する。ただそのような内容を投稿している人ほど、実際に会ってみるとかけ離れていることが多い。そういった記事を投稿しながら本人は全く喋らない・NGなことが多いといった女の子であることも少なくないという。それだけにあまりにも過剰に演出されている内容を投稿している女の子にも注意が必要だ。

関連記事

NO IMAGE

痴漢からのハゲ

NO IMAGE

風俗旅情